ブルータス 新しいティーカルチャー。の概要とおすすめの紅茶!

書籍

3年ほど前のブルータスNo.842では「新しいティーカルチャー」と題し、紅茶を中心に特集が組まれました。

コーヒー文化は90年代ごろのセカンドウェーブで一気に一般的になりましたが、紅茶をはじめとしたティーは、まだまだですよね。

私は小さい頃からコーヒーよりティーが好きで、専門店で茶葉を購入もしていました。

ティーは本当に懐が深い飲み物です。どんな食事にも合うし、ティーに合った器やフードでワインのようにテイスティングして深く味わったり・・・。

意気込んで茶葉を購入しなくても、ティーバッグでも美味しい紅茶が気軽に飲めますしね。

今回はブルータス 新しいティーカルチャー。をご紹介します。

スポンサーリンク

ブルータス 新しいティーカルチャー。 概要

まずは目次のご紹介。

特集 新しいティーカルチャー。New Wave of Tea
新しいティーメーカーの先駆け、スティーブン・スミスのテイスティングルームを訪ねました。
スタイルのあるティーメーカー。
ティーバッグマニアのための細かすぎるアレコレ。
はじめてのスパイスティー。
毎日のティーが買える店。(1)
特別付録 Tea Bags for Everyday 毎日飲みたい! ティーバッグブランド110選。
毎日のティーが買える店。(2)
毎日のティー。
世界のティーカルチャー最前線。
フレーバーグリーンティーってどう?
“和紅茶”は、いま!
テロワールを紅茶で表現する、日本のティーメーカー。

「紅茶はこれから」という初心者の方はもちろん、ティーラバーも楽しめる内容になっています。

特別付録はティーバッグブランド毎にチェックボックスがあり、コンプリートしたい気持ちになります。

新しいティーカルチャーの先駆け

ポートランドに、お茶のパイオニアが遺したスティーブンスミスティールームがあります。そのテイスティングルームでは、新しい味を創出するために日々実験が重ねられています。

紅茶はそのままストレート、ミルク、レモンで飲むだけではありません。

ラテやティープレッソ、スパークリングティーなどもあり、本当に懐が深い!
他にも、茶葉をワインやウイスキーの樽に浸けて香りをつけるフレーバーティーがありました。

もうここを訪れるためにポートランドに行きたいですね。

紅茶の語り部 Teapond

一方日本では、コーヒー激戦区の清澄白河にTeapondというパッケージがなんとも素敵な紅茶専門店があります。

代表の三田祐也さんはマリアージュ フレールリーフル ダージリンハウスで経験を積み、Teapondを開きました。

前者は着香やブレンドの技術で独自の味わいをつくる、フランス紅茶の名ブランド。
マルコポーロがとても有名ですよね。花々やフルーツの複雑でエキゾチックな香りで、初めて飲んだ時驚きました。

後者はダージリン地方の茶葉買い付けの先駆者的ブランド。茶葉そのものの美味しさを伝えるピュアティー専門店です。

「フレーバーティーはそれぞれにストーリーを持っていて夢がありますし、ピュアティーは優れた生産者と出会う感動があり、作り手たちのストーリーがある。
僕はどちらの世界も好きですし、両方の物語を伝えるのが僕の役目だと思うんです」

出典元:マガジンハウス ブルータス2017年3月15日号

素敵!この対象的な2つの名店で紅茶を学んできたからこそですね。

Teapondの代表的な「アールグレイ ブルーバード」は天然の爽やかなベルガモットの香りに矢車菊という青い花がブレンドされています。
ベースの紅茶はすっきりした口当たり。矢車菊は華やかでオリエンタルな果実の香りで、まさに青い鳥が舞い降りたかのようです。今までに飲んだことがないアールグレイでした。

もう一つおすすめなのが「アラベスクローズ」です。贅沢に3種類のバラがブレンドされており、甘いバラの香りが特徴の紅茶。見た目にも優雅なので、是非ガラス製のポットで淹れたい紅茶です。ローズティーは何回も飲んだことがありますが、アラベスクローズは天然のブルガリアローズ香料を使用しているので優しい香りでした。

スポンサーリンク

手軽だけど美味しい!ティーバッグのおすすめ紅茶

特別付録 Tea Bags for Everydayから実際に飲んだ、購入しやすくて美味しいおすすめの紅茶をご紹介していきます。フレーバーティー贔屓です。

まずは普段からお世話になっているアーマッドティーのアールグレイ。世界80カ国で支持されるイギリスのブランドです。20袋入りで500円以下なので普段使いにぴったり。安いのに渋くなりにくく、味と価格のバランスが良いです。

お次はリラックスタイムにぴったりなセレッシャルのスリーピータイムコロラド州で創業したハーブティーメーカー。
カモミールを中心にレモングラスやスペアミントがブレンドされたシリーズで、ロングセラーのハーブティーです。セレッシャルを種類豊富に取り扱っている成城石井に行くと楽しいんですよ。イラストも可愛くて!キャラメルアップルドリームも美味しいです。20袋くらいで600円以下で購入できます。

カルディでよく置いてあるジャンナッツもおすすめ。表参道にサロン・ド・テ・ジャンナッツもあります。天然のフルーツから抽出した香料を使用しており、鮮やかな香りが特徴的です。基本ハズレはなかったですが、ここのマスカットティーは苦手でした。
アップル、ピーチがとてもフルーティーで美味しいです。ストレートのほか、砂糖をお好みで入れても艶が出ていいですよ。
あとはなんと言ってもキャラメルが美味しすぎるんです!甘いものが欲しいけど我慢したい時にもぴったりです。ストレートでも十分甘い香りですが、おすすめはミルク。一気にリッチな味わいになります。

そして500種類以上という圧倒的なお茶の種類を誇るマリアージュ フレール。
Teapondの見出しでもご紹介したマルコ ポーロは絶対に飲んでほしいです。
中国紅茶をベースにフルーツやシルクロードに咲く花をイメージしています。

特におすすめなムレナスティー

最後はムレスナティージャパン。
紅茶大国スリランカの中でも大手のムレスナ社から茶葉を輸入しています。卸売りだけでなく、日本人の舌に合うブレンドも開発しています。

特筆すべきはスイス産の天然フレーバーで着香するフレーバーティー。
常に高いクオリティーのヌワラエリア産F.B.O.Pを買い付けし続けており、現在もほぼ独占状態なんだそうです。

有名なボックス型のムレスナティーのぶっ飛んだポエムは、なんと全てムレナスティージャパンのディヴィッド.K氏が考えているんです。

個性的なフレーバーが多く、どれも美味しいものばかりですが、薔薇FOREVERがおすすめです。
アールグレイ、ローズ、カスタードバニラのブレンドで、とっても甘い香りが特徴です。

ブルータス 新しいティーカルチャー。 まとめ

まっすぐなピュアティーももちろん美味しいです。ブレンドティー、今回最も推したフレーバーティー、アレンジティーなど、紅茶をはじめとしたお茶は本当に無限の可能性を秘めています。
お茶の世界をこの雑誌で覗いてみてはいかがでしょうか。

書籍
スポンサーリンク
agetama2012をフォローする
エンタメフラッシュ

コメント

タイトルとURLをコピーしました