成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法を読んでまとめてみた!

書籍

今回は成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法を読んで感じた事や面白い!勉強になった部分を抜粋してまとめていきます。

数ある成功の心理学本の中でもかなりおすすめできる本で自己啓発が好きな方には最高のバイブルになります。

著者はデニス・ウェイトリーというモチベーション開発の専門家で幅広い方への指導を行っている方です。

最初に発刊されてもう30年以上も読みつがれる名著ですがいったいどんな内容が描かれているのでしょうか?

まずは概要から迫って行きたいと思います。

スポンサーリンク

成功の心理学 概要

まずは各章ごとの概要はこちらです。

  • プロローグ成功者への条件
  • 第1章 積極的な自己認識
  • 第2章 肯定的な自己評価
  • 第4章  モチベーションを高める
  • 5章 大胆な自己期待を持つ
  • 第6章 どん欲な事故イメージづくり
  • 第7章 明確な目標設定
  • 第8章 活発な自己訓練
  • 第9章 豊かな人生観を描く
  • 第10章 印象的な自己表現
  • エピローグ 人生の勝利者となるために
スポンサーリンク

成功の心理学の感想

ここからは成功の心理学を読んで感じたことやポイントなどをお伝えしていきます。

成功者は自分をよく知っている

この項目では成功するためにはまず自分を知ることから始めなければならないと明言しています。

特に心に残った言葉は真の成功者は決して努力を惜しまない。自分の心の奥底まで覗き込んだ時後ろめたいことがあるようでは成功は出来ない。あなたの考えと感じることが一致してからこそあなたは成功への道を歩んでいる。

素晴らしい言葉であり、適当に考えてその道を選ぶのでは無くしっかりと自分の心と向き合って正しいかを判断しそして確信を持ってその道を歩むことが一番の成功への近道だと言うことが理解できました。

まずは人生を変えて成功するにはあなたが心からやりたいこと諦めないことを決める事から始めるのが大事だと思いますね。

変化を恐れるな

この変化を恐れるなの項目でとても大切な言葉が書かれていました。

幾多の生涯を乗り越えた時に積極的に自己変革を行えば人は成長できる。

変化をしなければ退化しか人間には残されていません。

変化を恐れる人は変化して成功した人や魅力的になった人を妬みつつも自分はそのまま哀れな人生を送ることになります。

人生の最後を迎えたときにあの時あれをやっておけばよかったな。。と思う人は間違いなく変化にこだわり安定を求め続けた人の末路です。

まずは成功するためには変化を恐れずに飛び込む事が大事だという事です。

また変化を恐れる人の多くは欠点や失敗ばかりに目を向ける人が多くそうした 考えが悪い方向へと進んでしまうことも解説されていますのでどうやって防いで行くのかにフォーカスされていました。

モチベーションとは感情である

このモチベーションは感情であるという言葉は名言だと思います。

願望と恐怖の感情は人間をモチベートする感情と言われ強烈な結果をもたらす感情なのです。

願望はあなたが今いる場所とあなたがいきたい場所を結びつける感情である。

恐怖は計画そのものを打ち砕き、挫折させる感情である。

よって恐怖の感情から発生させられるストレスや不安、病気などをなくして

成功した後の喜びや勝利を味わう感情を多く持つことでモチベーションを高めることができるのです。

勝者は考える焦点を問題に絞らずに解決の方に絞るのですと書いてあり、負の感情をなるべく抑え込みどうすれば成功できるか?をしっかりとイメージして良い感情を取り入れるのが大切ですね。

自己イメージが自分を決定づける

自己イメージはセルフイメージと呼ばれていますが、

自分の演じたい役の想像する姿がしっかりと出来上がっているかが大事です。

自分のなりたい理想像がなければ投影することが出来ずにその理想像に近づく事も困難になる。

そして最終的に自己イメージを高めることが出来ないのです。

相手やほかの人の立場に自分の事を批判されたりするだけで揺さぶれるようでは自己イメージが高いとは言えないのです。

人生のコントロール装置を変えることで自分の人生を変える事が可能になる。

この言葉が腑に落ちました。

まずは自分のセルフイメージを高く持ち自分を決定づけて行くことが大事なのです。

人生の行動計画を立てよう

大抵の人は人生の行動計画をうまく立てれていない。

成功するためには明確な人生の目標設定が大事だという事。

生きる意味を見出すことで生存確率が上がる。

フロイトのアウシュビッツ強制収容所の話はとても勉強になりました。

自分の存在価値を確信すればどんな困難にも打ち勝てる。

あの戦争から生き抜いた人が言うのですから説得力がありますね。

そして目標は自分の人生に完全に溶け込んだ時、目標達成は時間の問題だけになると明記しています。

まさにその通りだと思いますし、あとは時間をコントロールすればその人生を迷うことなく進めますからね。

時間の価値を認識せよ

この項目では時間がいかに人生において大切かと説いています。

時計は休むことなく動き続ける。

成功への豊かな人生観とは1分1秒を最後の瞬間だと思って生きる事。

常に永遠を見通して、あなたが出会う時間と生命を大切にすること。

読んでいるだけで時間の大切さが良く分かります。

あなたもまずは時間を大切にすること。毎日を思いっきり生きることに時間を使うことをおすすめします。そうすれば時間がいかに大切かが見えて来るはずです。

結局どんな本なの?

今まで説明したとおりですが、要約すると人生がなんとなくうまくいっていない方へ向けた人生の質を挙げるための心理本ですね。

心理学からしっかりと基づいて書かれていますので多少小難しく感じるかも知れませんが、僕はすごい読みやすくて何度でも読み返したくなるフレーズもたくさんあったくらいです。

各章の最後にはまとめられておりなおかつ繰り返し読むようにも書かれているので何が大事なのかもすぐに分かりますし、吸収もしやすいのかな?と思いました。

どんな人におすすめなのか?

ここまでたくさんの感じたことやおすすめのポイントをお伝えしてきましたが、結局どんな人に本書はおすすめなのかと言いますと

  • 人生このままで良いのか?と自問自答している
  • 人の成功への心理を学びたい
  • 自己を意識レベルから高めたい
  • 価値観を変えたい

などなど人生のレベルアップを考えている人には本当におすすめです。

繰り返し読むポイントなども書かれていますので、重要な部分はすぐに分かるようにもなっているので自己啓発本に慣れていない人にもおすすめですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回はほんの一部の抜粋に過ぎませんでしたが、ほかにもとても人生を成功に導くために心理がたくさん学べます。

しかも各章にはまとめがあり、1ヶ月間繰り返して読むページも存在しているのがすごいですね。

1回読んだだけではこういう自己啓発の本はマスター出来ないのがほとんどですから嬉しいまとめがついていてよりやる気にさせてくれるはずです。

こうやって毎日記憶に定着させることで自分の行動や心理が変わり成功へ少しづつ近づいてくるのかと思いますね。

かなりおすすめですので、ぜひご一読してみてくださいね。

それでは!

 

書籍
スポンサーリンク
haruをフォローする
エンタメフラッシュ

コメント

タイトルとURLをコピーしました